人はなぜ太りやすいのか

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 15:15

 827日付の読売新聞の書評欄でライフネット生命創業者の出口治明氏がマイケル・パワー、ジェイ・シュルキン著『人はなぜ太りやすいのか』(みすず書房)の紹介をしている。

 同書はヒトの進化の歴史をたどって生物学的ヒトを明らかにすることで、太りやすいという人体の生理のメカニズムを解明している点に特色があるという。

 ヒトは食物不足のサバンナで食糧獲得のため激しい労働をしなくてはならない「種」として進化してきたので、自然とエネルギー摂取効率が高まったが、食物が豊富にある現代では食糧獲得のためエネルギーをさほど多く必要としないので、そのミスマッチが肥満の流行をもたらしたというのである。

 つまりは運動不足ということである。

 ところで、人は何故太りやすいのかという要因の一つに、ヒトは乳児期の脳の成長を支えるため、より脂肪酸の含まれた母乳を出す女、すなわち脂肪の多い太った女性が選択されたという仮説があるそうだ。

 そういえば確かに洋の東西、古今を問わず、美人画にはやせた女性よりもやや太り気味のふくよかな女性が数多く描かれている。

 

写真は中国の美人画

 


0829ブログ写真第124回.JPG

スポンサーサイト

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 15:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM