社長の顔写真がホームページに掲載されている会社は投資家の評価が高い

  • 2017.09.08 Friday
  • 18:59

投資運用会社のレオス・キャピタルワークス(本社・東京)の調査によると社長の顔写真をサイトに掲載している会社の株価は、掲載していない会社と比較して平均を70%強上回ったと9月日付日本経済新聞のコラム「一目均衡」で松崎雄典編集委員が紹介している。

レオス・キャピタルワークスが、株式時価総額が100億円から1,000億円の中小型株を対象に2012年末から173月末までの約5年間の株価を調べたところ、社長や役員の顔写真をサイトに掲載していない会社の株価は平均で全体より14%以上値下がりしており、逆に社長の顔写真を掲載している会社の株価は平均で70%以上上回ったというのである。

レオスの藤野英人社長によると、写真の少ない企業は情報公開に消極的な傾向があり、写真の多寡はその会社の人材が誇りを持っていきいきと働いているかの指標になり、不祥事会社を後から調べると、社長の顔写真を掲載していなかった例が目につくという。

中小型株に限らず、ソフトバンクの孫社長をはじめ優良企業のトップの顔はすぐ思い浮かぶ。それだけメディアにも注目されているからである。

手前味噌になるが、週刊誌の『サンデー毎日』で当社が連載している企業紹介企画の「会社の流儀」やPHP研究所が発行している月刊誌『THE21』の「ビジネスパーソン」企画でもスタート時より社長の顔写真を掲載するようにしている。

 

写真:筆者が代表を務めるエスコミュニケーションHPより、社長顔写真


0908ブログ写真第127回.JPG

スポンサーサイト

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 18:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする