医師の給与は高いのかい安いのか

  • 2017.11.09 Thursday
  • 18:31

 厚生労働省は、18年度に予定する診療報酬改定の基礎資料の一つとなる医療機関の経済実態調査を118日、公表した。

 調査ではベッド数が20床未満を診療所とし、それ以上は病院と区分している。

 病院の経営状態は人件費の負担等が重く、悪化傾向にあるというが、調査によると医療法人が経営する病院の院長の16年度の年収は平均で3,160万円で、医師の給与は1,516万円だったという。

 果たして、医師の給与は高いのか安いのか。

 日本のサラリーマンの平均年収は380万円で、所得上位10%で580万円、上位1%で1,270万円である。15才から65才の生産年齢人口は7,665万人だから、所得1,270万円以上の日本人は約76万人いるという勘定になる。やはり医師は高給であることには間違いない。

スポンサーサイト

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 18:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM